ピクトグラム2.0の素材の使い方

素材の使い方

ヒューマンピクトグラム2.0にストックしているピクトグラム素材は、WEB制作、DTP制作、書籍の挿絵、パワーポイントやWORD、エクセルなどの資料制作や広告などのデザイン素材として無料で使えます。
だたし、このサイトのように素材そのものを再配布することや素材販売サイトで販売することはNGっス。

詳しいライセンスやQ&Aはこちら

素材のデータ形式

基本的にはベクター素材ですが、背景透過のPNGやJPGファイルなどビットマップファイルも用意してます。素材の改変もOKですので、Adobeのillustratorを持っているデザイナーさんは、Aiファイルをダウンロードして
色や形を編集するといいでしょう。特に特殊な効果など使ってないのでバージョンは8形式にしてます。

サクッと配置したい人は、JPG、背景を透過にして使いたい人はPNGなどのビットマップファイルを選んで下さい。

拡大縮小しても荒れないベクターデータ。デザイナーさん向け

背景透過させたい人向け

サクッとレイアウトしたい人向け


●ベクターデータはダウンロードしてZipファイルを解凍してお使いください。
●ビットマップファイルは画像の上で右クリックして保存するかドラッグしてフォルダに保存してお使いください。

大抵のピクトグラムがバリエーションがあります。

おまけとしてそれぞれのピクトグラムには、カラーバリエーションや組み合わせのバリエーションまたは、アタッチメントつきのバリエーションなどがあります。ダウンロードするかPngやJPGファイルのボタンをクリックしてバリエーションを確かめてみてください。


comment

29 Responses to “ピクトグラム2.0の素材の使い方”

  1. linda carlson より: